J-ATIロゴ

アートテン技術で楽しい農業を

アートテン技術で楽しい農業を

アートテン技術を使った農業(以下アートテン農業)を実践されておられる皆 さんには、健康で楽しい農業ができて、多くの幸運が訪れることを願っています。

アートテン農業は、奇跡の農業と言われ、まるでこの世のものとは思えない不思 議な現象がおこります。昨年(2015年)初めてアートテン農業を取り入れた方々 で、びっくりする現象に村の人たちが驚いているいくつかの例をあげましょう。 岐阜の五十川さんは15年間1度も花を咲かせなかった種なしキンカンが真っ白い 可愛らしい花を咲かせました。それもアートテン設置1週間から咲き始め、みる みる満開になりました。千葉県の川岸さんは、30年間、毎年数個しか実をつけな いナツメが鈴なりに実り、こんなになるのを見たのは初めてだと近隣の人々を驚 かせています。また岐阜の松沢さんはご主人の後を継いで野栗の手入れをまった く素人的に剪定(せんてい)をして村人に笑われ、そんなやり方では栗はならな いと噂されていましたが、なんと村一番に栗がそれこそ、栗の粒が大きくたわわに実りを付けました。 村の人々の驚き様が目に見えるようです。

又、青森県リンゴ農家の佐藤さんは昨年10月1日~3日、爆弾低気圧がりんご園を襲いました。数年前と同じ状況が予想 されたのでアートテン普及協会にさらなる強力な情報を依頼してこられました。結果、2~3個落下しただけでしたが、 近隣ではリンゴの絨毯ができました。次は一昨年の10月14日の話ですが、夜半から早朝にかけて台風19号が長野県の坂 本果樹園を直撃しました。私はスタッフにリンゴが相当落ちているだろうからたくさん拾って来なさい。りんごジュース にしようと企みましたが、坂本さんの奥様に「残念でした、1個も落ちていないヨ」でした。やはり近隣の農家さんを見 て回るとリンゴは絨毯模様の様に落下していました。

このような不思議な現象は日常的におこります。さらに詳細に観察すると微生物レベルでも大きな変化が生まれています。 もちろん農家の皆さんの人間性の器の大きさがそうさせるのです。 皆様からの沢山の情報をお待ちしています。多くのアートテン仲間の皆さんと喜びを共有できて楽しむことができるから です。

こうして、多くのアートテン農業を実践されている皆さんはこのような不思議現象を楽しみながら楽農を楽しんでおられ ます。日頃の皆様の努力に感謝と敬意を表します。ありがとうございました。